被害に遭っている人も多い

安全な業界ではない

アダルト業界は今様々なイベントを行っておりますし、どんどん素人の女性が出演しているので認識が変わってきているという感じなので仕方がないかもしれませんが、まだまだアンダーグラウンドであることには違いはありません。

一般の業界よりも悪徳業者の数は本当に多いです。昔から怖い人が経営していたりすることもありますし、少なからずつながりがあると言えるでしょう。そうなったときに大切なのは自分の身は自分で守ることしかありません。

特にアダルト業界で働くというのは自分を商品にするということには違いありません。ぞんざいな扱いを受けたりすることもあるかもしれません。

特に今はインターネットが誕生したことで個人で動画を配信しているところもありますし、小規模の小さい会社などが乱立している時代です。気をつけなくてはいけません。今までだったら大手プロダクションが独占していた業界が一気にあふれかえってきているといってもいいでしょう。

この業界は大手企業以外はそこまで優良企業があるとは言えないのが現状です。最低限どこの会社が大手なのかぐらいは把握しておく必要があるのではないでしょうか?

では具体的に悪徳業者の被害に遭った例というのを紹介していきます。

まずは契約が出てきます。貰える出演料は総額を言われてそのあとは色々と差っ引かれてしまったということもあります。中には一千万の契約だったのにいつのまにかなくなったことに難癖をつけられて騙されてしまったという例も少なくありません。

ほかには契約以外のことまでされてしまったということもあります。撮影以外にもスタッフとの人との性行為をしなくてはいけないみたいな感じで複数の人と関係を持たれてしまったなど問題も多いのです。

もうアダルト業界にいるんだから何をされてもいいや!って思うのではなくちゃんと自分の身は自分で守りましょう。