漢方を学び健やかな日々を送る

今の時代こそ漢方が大事


体が資本

漢方をはじめとした東洋医学というのは何というか一言で表すと胡散臭いって感じがあると強いと思います。

今は世界中で西洋医学が使われていて、どうしても東洋医学や漢方というものはあまり目立つことが無いように思います。

特に日本では圧倒的に西洋医学が主流となっています。

確かに漢方や東洋医学というのは胡散臭いものだなぁ~って思われても仕方が無いと思います。

しかし、それはあくまでもただ知らないだけであり、知れば知るほど奥が深いと感じると思います。

漢方というとすぐに漢方薬をイメージすると思いますし、別に間違ってはいないです。

細かくいうと漢方という中に漢方薬というカテゴリがあります。

漢方というのは人が健康的な毎日を送るということを考えて研究するということでもあります。

漢方に精通することが出来ればおのずと健康的な毎日を送る事ができるようになると言えるでしょう。

そして漢方薬というのは自然の恵みを利用しています。

自然界にある植物や鉱物などの生薬を使い、複数組み合わせた薬のことを意味するのです。

何百年・何千年とかけて研究や実験を元に作られてどの生薬を組み合わせるのかというトライ&エラーを繰り返してきているのです。

もちろん有害なもの組み合わせてはまずものがないのかどうかもしっかりと研究されています。

今は最新技術によって成分なども科学的に証明された薬なのです。

精製されることでより効率的かつスムーズに服用されるようになり、さらに保存も効くようになったのです。

またよくあるのが西洋医学と東洋医学は中が悪いというイメージが強いかもしれません。

何かといがみ合っている印象を持っているかもしれませんが、それは一般人だけです。

むしろ漢方などの東洋医学は西洋医学の科学的な研究を認めていますし、西洋医学も自然本来の力に注目をしていて、より効果が引き出せないか、人工的に作ることが出来ないのか?と日々研究しています。

例えば風邪などを引いたときに即効で治すことが出来るのは西洋医学です。

しかし、例えば赤ちゃんを授乳したりしているとか、妊婦だから薬が使えないというパターンもあります。

そういった場合は漢方などは比較的副作用が少なかったり、妊婦が飲んでも問題ない薬が処方されたりするのです。

また、第一選択で西洋医薬品が渡されることもあります。

それがED治療薬です。

勃起不全になってしまうという男性はここ最近非常に増えています。昔だったら妊活中にプレッシャーになってしまってうまく性行為が出来なくなってしまったという事例もあります。

性行為が出来ないことが原因で子供を諦めてしまったという人もいますよね。

しかし、今であればED治療薬で世界的に有名なバイアグラがあります。

そしてもう今ではバイアグラより凄い次世代のED治療薬が続々と登場しており、それぞれ特徴を持った医薬品も誕生しています。

バイアグラの次に誕生し、2番目のED治療薬であるレビトラは日本でも知名度が高まってきているED治療薬となっています。

さらに日本で処方される最新のED治療薬であるシアリスは非常に薬の作用時間が長いのが特徴で、最大36時間、つまり1日半もの間効果が持続すると言われています。

色々な医薬品が誕生しているのが事実です。

また医薬品というのは病院で処方してもらうだけではなくて通販で手に入れることが出来ます。

忙しくて病院に行く時間が無いという人でも今ならば通販で手に入れることが出来るだけではなくてジェネリック医薬品も手に入れることが出来ます。

ジェネリック医薬品ならば1錠あたりの値段もかなり抑えることが出来ます。

日本では販売されていないシアリスのジェネリック医薬品も購入することが出来るのです。

色々な種類が出ているED治療薬では勃起不全の病気においては第一選択ですよね。

しかし、漢方でも勃起不全に対する効果を高める生薬もありますし、漢方の場合はそもそもピンポイントで治すという考えではありません。

漢方では本来、体が持っている自然治癒力能力は非常に素晴らしいものであり、これは高めることも出来る反面、衰えてしまうと一気に衰えてしまうと考えられています。

この自然治癒能力を高めて健康的に過ごすことが出来ればそもそも病気にならないし、将来かかる可能性がある未病をも防ぐことに繋がると考えています。

また漢方の特徴というのは幅広くオーダーメイドで症状に合わせて配合を変えられるバリエーションの豊富さにあると言っていいでしょう。

漢方薬は病態や体質によって様々な生薬を複合的に組み合わせることでゆっくりと体の中を変えていくのが漢方の良いところでもあります。

漢方は体自体を健康へと導いてくれるものでもあるので、しっかりと漢方について理解するようにしましょう。

胡散臭いとか怪しいという気持ちよりもどんなものに効果があるのか?などを知るいいキッカケとおもって参考にして欲しいです。

サイトメニュー

  • 漢方を学び健やかな日々を送る
  • 養生
  • 勃起不全
  • 不妊治療
  • 不眠症
  • メタボリック症候群
  • 花粉症
  • 腰痛
  • 生理痛
  • 肌荒れ・にきび
  • 頻尿・尿漏れ
  • 更年期障害
ページのトップへ戻る