勃起不全

ED治療薬はある


西洋医薬品を使いつつ自力で勃起することを目指す

男性が年齢を重ねるとかかりやすいものとして勃起不全があります。

性行為時になかなか勃起しづらくなってしまい、スムーズな性行為が出来なくなってしまうことです。

勃起不全に悩む人は年々増加傾向にあり、世界中で多くの人が困っていました。

しかし、今は西洋医薬品のバイアグラをはじめとするED治療薬があり、スムーズな性行為が出来るようになっています。

性行為が出来なくて悩むのは男性だけではなくてパートナーとなる女性も関係してしまうため女性をも間接的に助けている薬ですよね。

勃起不全に悩む男性からしてみればまさに夢にまでみた薬と称されるほど世界中で使われています。

また今現在は若い人でも勃起不全になってしまう人も多く、妊活中のプレッシャーから勃起不全に陥ってしまう人もいるのです。

妊活中は妊娠しやすい日に合わせて性行為を行うタイミング法と呼ばれるものがあるのですが、必ずその日はどんなに疲れていようとも体調が悪くても性行為をしないといけないという気持ちが性的興奮以上にプレッシャーに感じてしまうわけです。

また勃起不全というのは1回勃起不全になってしまうと次こそはしっかりと性行為をしなくてはいけないという気持ちが上回ってしまうという点です。

女性のほうもどうしても勃起不全になってしまったら自分にはもう魅力が無いのか?って思ってしまうので、「自分にはもう魅力が無いの?」みたいに男性に対して言ってしまいますよね。

年齢を重ねれば重ねるほど性的欲求自体が薄まってしまいますし、確かに同じ人と何度も性行為をすることで刺激がなくなってしまうかもしれませんが、それでも性的欲求が沸きづらくなってはいても性的欲求が沸いても勃起をしないのでは全然意味合いが違ってきますよね。

女性に対して魅力が無いと言うものではないのです。

大好きなパートナーを不安にさせないようにするためにもしっかりと性行為をしないと!って思ってしまうためより勃起不全が悪化してしまうのです。

しかし、それも今ではバイアグラやレビトラといったものがあるのでスムーズに性行為をすることは可能です。

また勘違いをしてはいけないのは漢方を使うのであれば西洋医学を使ってはいけない!というものではないということです。

上手にその時々に応じて使い分けることが大事なんです。

今すぐ性行為をしなくてはいけないという時はED治療薬を使い、そして徐々に体をED治療薬が必要ないように体を改善していくことが大切です。

勃起不全というのは決して一度でもかかってしまうと二度と自分自身の力では勃起出来ないというわけではありません。

漢方における養生をしっかりと守っていけば若い人ほど早く改善していくものです。

養生の中でも勃起不全においては運動をする事がとても大事になってきます。

特にジョギングや水泳などの有酸素運動を行うようにしてください。

有酸素運動を行うことで血流がよくなります。勃起のメカニズムとして脳から勃起をしろ!と命じられたら一気に血流を陰茎海綿体に集めて勃起へと至ります。

このときに血液がドロドロになっていて血流が悪くなっていると血液が十分に集まらないため勃起不全になったり、中折れをしてしまうわけです。

まずはドロドロになっている血の流れをよくする為に運動をするようにしましょう。

ジョギングがもっとも始めやすいと思いますのでジョギングがオススメですが、早く走ろうとはせずにゆっくりと息を乱さずにスロースペースで走ることが大切です。

出きる事ならば30分以上走らないと脂肪燃焼効果を得ることはできません。脂肪が燃焼されるのには20分かかりますので最低でも30分以上走ることが望ましいです。

また食生活を正し、脂質や糖質の多いものは控えるようにしてたんぱく質や亜鉛や海藻類などを積極的に摂るようにしてください。

たんぱく質は精子の元になりますし、亜鉛はたんぱく質を精子へと変える役割があります。

どちらもとても重要なものですので積極的にとったり、サプリで補うようにしましょう。

この食生活と適度な運動をするだけでも体の内側から変化となって現れてきます。

ED治療薬を使うのもいいですが、色々と服用方法を守らないと効果が現れなかったりしますし、時に誤って服用してしまうと命の危険にまでいたるケースもあります。

またED治療薬を継続的に使うというのもお金がかかりますので最初はED治療薬を使いつつ徐々に治していくようにしましょう。

勃起不全になっている人は糖尿病や脂質異常症、高血圧などの生活習慣病にかかっている人がほとんどです。

常に脂質の高いものや偏った食事をしている傾向にありますので食生活の見直しが大事です。

勃起不全については早く治す努力をすれば治るようになりますので早めに行動しましょう。

サイトメニュー

  • 漢方を学び健やかな日々を送る
  • 養生
  • 勃起不全
  • 不妊治療
  • 不眠症
  • メタボリック症候群
  • 花粉症
  • 腰痛
  • 生理痛
  • 肌荒れ・にきび
  • 頻尿・尿漏れ
  • 更年期障害
ページのトップへ戻る