不妊治療

妊娠しやすくなる薬は無い


女性はとにかくストレスを溜めない

結婚をして子供が出来て暖かい家族団らんのときを過ごすということに憧れている夫婦は多いです。

出来ちゃった結婚をすれば子供がいるのが当たり前かもしれませんが、中には子供が欲しくても出来ないという人もいるわけです。

なかなか子作りをしても恵まれないという人もいます。

子供が欲しいと願って子作りをしたのにも関わらず、1年以上子供が出来ない期間が続くといわゆる不妊という定義になります。

どんどん医療が進化をしてきていますが、最新の医療でも子供だけは確実に懐妊するというものは出来ていません。

子供が願っても出来ないという夫婦からしてみればまさに辛い時期だと言えるでしょう。

子供が欲しくて欲しくてたまらないという夫婦は多いです。

しかし、不妊の時期が長くなればなるほどどんどんプレッシャーとなってきます。

男性もタイミング法などで排卵日の2・3日前から性行為を行いますが、やはり決められた日に性行為をしなければいけないということがプレッシャーとなってしまい勃起不全になってしまう人も多いのです。

今ではED治療薬があるので助かっていますが、ED治療薬が出来るまでは多くの人が男性不妊の影響で子供を諦めてしまったというケースもあります。

またどうしても不妊と聞くと女性に原因があるイメージが未だに根強く残っていますが、男性も女性と同様に影響があるのです。

先ほど上げた勃起不全もそうですが、精子の活動が鈍かったり、精子自体の数が鈍かったりもするのです。

女性も同様に妊娠しづらい体かもしれませんのでまずは原因があるのかどうかをしっかりと夫婦で調べることが大切になってきます。

どちらか一方に問題がある、また両方に問題がある、もしくは両方に特に問題がないなど色々な答えが出てくると思います。

喧嘩になりやすいのがどちらか一方に問題がある場合ですが、その場合は相手をついつい追い詰めてしまうことになりやすいです。

しかし、現実的にどちらか一方に問題があったとしても結局それは体外受精などの施術を行うことで改善できるかどうかを知りましょう。

さらに男性女性どちらも問題がない中で子供が出来ないと言うのも大きなプレッシャーとなります。

なかなか出来ないことで焦りや親などにも孫を見せろ!などのプレッシャーもあったり、中には友人から心無い一言を言われてしまったという人もいるわけです。

どんどん人と会うことが嫌になってしまって家の中に引きこもってしまったりする人もいます。

外に外出しないでひたすら家の中で一人でいるのも精神的に影響を与えてしまいます。

まずは妊活をしている人はストレスを溜め込まないようにしましょう。

養生においても妊娠はストレスを感じている人ほど出来づらいと考えられているので気を静めてリラックス状態にする事が望ましいと考えられています。

旅行に出かけたり、今ある仕事が負担に感じているのであれば転職を考えたり、自分でリラックスできる方法を考えましょう。

また男性も同様にストレスを感じさせずに2人で協力し合っていくことが大事です。

妊娠が出来ないことでのストレスは徐々に蓄積されていきますが、お互いに出来ることをするということを行うようにしましょう。

自然妊娠では出来づらいという人も今は医療の技術が発達しているので不妊治療専門の病院に行って色々と相談するようにしましょう。

妊活で子供が出来ない夫婦は藁にもすがる思いで色々な怪しげな商品に手を出してしまいがちですが、まずは不妊治療専門の医者と相談しながら、時にはセカンドオピニオンなども考えて専門家と相談しながら行い、夫婦の間ではストレスを溜めないように不安をお互いに吐露しあいながらも協力をして乗り切るようにしましょう。

サイトメニュー

  • 漢方を学び健やかな日々を送る
  • 養生
  • 勃起不全
  • 不妊治療
  • 不眠症
  • メタボリック症候群
  • 花粉症
  • 腰痛
  • 生理痛
  • 肌荒れ・にきび
  • 頻尿・尿漏れ
  • 更年期障害
ページのトップへ戻る