生理痛

起き上がれない人もいる


生活に支障が出てしまう人も多い

毎月必ず起こる生理は男性には理解されづらいです。毎回来るから別に平気なんでしょ?って思われてしまいがちですが、生理痛が重い人からしてみれば毎月嫌な気持ちにさせられてしまうわけです。

職場などでも生理痛が酷くて休もうものならば、会社から「別に辛そうにしているのは君だけだよ?大げさだなぁ~」って言われたりすることもあります。

生理痛というのは個人差が大きく同性でもそこまで生理痛が酷くならないという人もいれば、人によっては動けなくなるほどの痛みを感じている人もいます。

毎月起こることとはいえ、生理が生じる痛みや不快な症状を経験したことのある人は少なくなく、およそ7割~8割の人が生理痛や精神的な嫌悪感を抱いていると言われています。

人によっては生理痛を和らげる痛み止めの薬を飲んだりしたり、生理痛が酷すぎて救急車で運ばれてしまったという人もいるのです。

ちなみに日常生活にまで支障をきたすひとを「月経困難症」と言います。

また、たかが生理と思って我慢して乗り越えようとしている人が多いですが、子宮筋腫や子宮内膜症などの「器質性月経困難症」と、はっきりした原因のない「機能性月経困難症」などの病気にかかっていることもあります。

30代前半から「器質性月経困難症」にかかる人もいるので注意が必要です。

いつもと違った痛みや何か違和感が感じると思ったら無理をせずに女性専用クリニックなどに行って相談をするようにしましょう。

月経困難症・月経痛が起こる要因として考えられているのが子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れなどが挙げられます。特にその中でも原因に上がりやすいのが子宮の収縮によって痛みが生じます。

子宮の収縮によっていらなくなった子宮内膜が剥がれて外へと排出されるのですが、このときの収縮が過度や過敏に起こることによって痛みとなって現れるのです。

また子宮口が狭い場合や子宮の位置が正常でない場合も痛みが生じると言われているのです。

もちろん仕事や対人関係によるストレスによって自律神経などが麻痺してしまって痛みが生じてしまったり、同じ姿勢を長時間しているために血のめぐりが悪くなり、冷え性などから痛みが増すことも考えられています。

特に腰痛持ちや冷え性の人は痛みが増しやすいです。

仕事でオフィスワークで夏などはクーラーがガンガンに効いている所で仕事をしている人などは夏でも生理痛に悩んでいる人もいるので気をつけましょう。

今は生理痛に効く痛み止めなどがあったり、低用量ピルを服用することでホルモンバランスを整えて生理痛を緩和させるというやり方もあります。

漢方の世界では「気(き)血(けつ)水(すい)」のバランスで成り立つとされていて、損バランスが乱れている状態だと不健康という考えです。

月経痛や月経困難症には主に血(けつ)の乱れによって生じるとされています。

血行が滞って血行不良となるケースと血液が不足した「血虚(けっきょ)」があります。これを解決するためにはまずは血の巡りを正常化して十分な血液が体内に満たされることで月経痛を屋ら藁具ことになります。

月経痛や月経困難症に使用される漢方薬として

・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・当帰薬散(とうきしゃくやくさん)
・温経湯(うんけいとう)
・加味逍遥散(かみしょうようさん)

その人に悩みや症状というのも個人差があり、出される量や配合される生薬も変わってきますので、医者に相談をしつつ処方される内容を決めていきましょう。

また、月経を和らげる漢方薬をしおうすることで貧血や手足の冷えが改善されたり、便秘改善、精神的なイライラなども収まったりするケースがあります。

色々な方面で体を正常化してくれる働きがあります。

サイトメニュー

  • 漢方を学び健やかな日々を送る
  • 養生
  • 勃起不全
  • 不妊治療
  • 不眠症
  • メタボリック症候群
  • 花粉症
  • 腰痛
  • 生理痛
  • 肌荒れ・にきび
  • 頻尿・尿漏れ
  • 更年期障害
ページのトップへ戻る